読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくぞうゴロゴロ

「やってやれないことって、ないと思うんだよね」というかっこよい親友の言葉に感化され、超ポジティブ人間になろうと思ったけど、自由時間がとれなくてやや育児ノイローゼ気味な20代後半子持ちポエマー。

祝い酒

 

梅雨入り。しとしとと雨が降っている。

今日は外来の後、小さい酒屋へ行く。

日本酒が好きな友人の結婚祝いを探しに行くためだった。

 

「いらっしゃい」

少し耳の遠いおじいさんが出迎えてくれた。

 

お目当のお酒を発見する。

しかし、飲んだことがなかったので、味を聞いてみた。

 

Q.辛さや甘さってどうですか?

A.「ぜんぶうまいー笑」

 

 

「全部うまいからいっぱい買ってってー」というわりに、「そんな高くないほういいべー」と、手頃なお酒を勧めてくれた。

 

しかし、一升瓶2本分の予算しか考えてくれない。

 

Q.やっぱり2本がいいですかね?

A.「やっぱり、2本だべー」

 

そういうものなのだろうか。

しかし、おじいさんの笑顔に押されて、一升瓶2本にしてみた。

 

レジではなく、鉛筆で領収書を書いてくれた。

 

なんともゆったりとした買い物だった。

 

また行こう。